予備校でも必ず模試はあるの?

予備校でも必ず模試はあるの?

模試は自分の現在の学力と受験生内での自らのレベルや位置を測る目安としてとても大切なツールになります。

多くの場合、この模試での偏差値が志望校の決め手になってきますし、モチベーションの維持や自分の苦手科目・苦手分野を発見し克服するのに役立ちます。

有名予備校主催の模試は一年通して数多く実施されていますから、上手に活用しましょう。ほとんどの予備校では受験する模試を指定しているところもあります。

そういう場合は、基本的に受験生の志望校に合わせてどれを受験させるのか決めています。母体数が少なかったり簡単すぎるような模試は、偏差値や生徒の学力を測るには不十分ですのでそのような試験は受験させない場合もあります。

予備校と模試と偏差値の関係

予備校と模試と偏差値の関係

予備校と模試と偏差値の関係は模試の結果で自分がどれぐらいの位置にいたのかという事が判断できるという事です。

例えばある模試で80点を取った場合に、これは点数だけ聞くとなかなか良いと感じるかもしれませんが、平均点が90点だとすれば、平均以下という事が判断できるようになります。

そして、数ある模試の結果では自分は全体として真ん中あたりなのかどうかという事がすぐに数字で分かるようにしたのが偏差値というものです。

偏差値が50であれば、全体として平均にいたということがわかり、自分が中間の位置にいるという事が分かるようになります。

平均的なレベルにいることが理解できるという事になり、点数では分からない自分の位置が明確になるというのが偏差値です。

予備校の偏差値って信じられるの?

予備校の偏差値って信じられるの?

大手の場合は信じられるものとなっています。しかし、大手の予備校でも大学受験者全員が受けているわけではなく、一つの目安と考えるのが妥当です。

大手の場合でも偏差値を算出する模試の母集団のレベルが高い場合は一般的に難関校と言われている大学が偏差値50台しかないということもあり、他方、大手でその偏差値50台が60後半の場合もあり、目安と考えるのが無難です。

一番良いのが、大手と呼ばれる予備校の平均値を出しそれを参考にすることです。この平均値はインターネット検索すれば簡単に見ることができます。

中小や新しい予備校の場合模試に参加している人数が多くない傾向になるので、中小や新しい予備校で一つの所で出している偏差値のみを信じるかについては、個々人の判断になってくると思います。