予備校で偏差値どこまで上がる?

予備校で偏差値どこまで上がる?

予備校で偏差値をどこまで上がるかというと上限なしでやれば上がると考えても良いでしょう。

勉強はやればやるほど間違いなく自分の身になっていきますから、やらない人との間でどんどんと差がついていく事になります。

ただ、トップのレベルになると頭打ちになる事は避けられませんが、基本的に予備校では偏差値が上がれば上がったで、その人の為のカリキュラムなども考えてくれますから、それをこなしていく事でどんどんと偏差値を上げていく事が出来るようになっています。

やればやるほど成果が出てくるのが勉強ですから、やる気があって実際にやっている人は上限なしで偏差値を上げていく事が出来るようになると考えていいはずです。そのた予備校もやる気を最も重視するのです。

予備校で偏差値が下がることもあるの?

予備校で偏差値が下がることもあるの?

予備校に行くことで偏差値が下がるということは通常ではあまり考えられないことですが、絶対にないわけではありません。

理由はいくつか考えられますが、予備校に通っているからといって安心しきって自ら学力を高める意志をなくしてしまうと偏差値が下がってしまうことは十分にありえます。

最終的には本人の努力が一番重要ですから、どれだけ優秀な講師に指導をしてもらっても本人のやる気がなければ成績は上がることなく、下がってしまうこともあるのです。

レアケースとしては人に指導をされるよりも自力で勉強をしたほうが良いというタイプで、このような人はマイペースで苦手な部分を自力で乗り越えたほうが学力が向上しやすいため予備校と相性が悪く偏差値が下がることも考えられます。

予備校と塾ではどちらが偏差値があがる?

予備校と塾ではどちらが偏差値があがる?

予備校と塾では予備校のほうが、指導のレベルも高いだけに偏差値があがりやすいといえます。

ただし、講義のレベルというのも塾よりも高い傾向にありますから、もともとあまり学力がない人であればついていくことができずにあがるどころかさがってしまう可能性もないわけではありません。

その場合だと自身のレベルに合わせた指導をしてくれる塾のほうが、偏差値があがりやしこともありますから、その人自身の学力は指導方法によって変わってくるというのが答えとなります。

どちらを選んだとしても本人のやる気さえあれば偏差値をあげることは十分に可能ですし、やる気がなければどちらを選んでも無駄ということになりますから、本人の努力が大事ということは忘れないようにしましょう。